家庭での冊子作り|DMを印刷するコツを知りたい方へ|携帯時代の戦略
色見本

家庭での冊子作り

冊子

製本するための機器

印刷した文章やイラストなどの用紙が複数枚になったために、冊子としてまとめたいと思うときがあります。そのときに、業者に頼んでしまうのも良いですが、気軽に家庭で作成出来る方法を探している方もいるでしょう。家庭で冊子を作ろうと考えた場合は、便利なホッチキスを利用して止めるのが一般的でしょう。しかし、格好が良いものとはいえませんし、ホッチキスでは止められる枚数も限られているので、紙の厚さによってはまったく使えません。もしも、厚めの冊子を作りたいと思ったのならば、製本をするための機器を導入してはいかがでしょう。製本機を使用すれば、綺麗な冊子ができあがりますので、他者に配るものを作る目的で利用ができます。

簡単で安い機器もあります

家庭でも利用可能な製本機の使い方はとても簡単で、紙とノリをセットするだけで終了するものがほとんどです。もしも、使い方に不安があるというなら、お目当ての製本機を売っている会社の公式サイトに訪れてみましょう。きちんとした会社ならば、製本機の使い方が載っていますので、購入前に使いやすさを確認できます。なお、製本機は本来高価なものですが、家庭で利用できるものは、1万円以下で販売されている製品も多いため気軽に利用できるでしょう。そして、一定のレベル以上の本格的な冊子を制作したいと考えているときは、やはり業者の方にお願いしたほうが、表紙などデザインも含めてかなり立派なものを作ってもらえます。安くて早い業者もたくさんありますので、冊子制作に対応したサービスを探してみると良いでしょう。